アイクリームの選び方 30代


30代はエイジングケアができるものを

 

現代の30代の人たちは、まだまだ若々しい方がたくさんいます。でも、肌も若いのかというと、そういうわけではありません。

 

30代でも、肌の内側の老化は始まっているのです。見た目が若くても、きっちりスキンケアはしなければいけません。

 

30歳を過ぎると、肌老化は確実に進んでいきます。20代と同じようなスキンケアではダメです。

 

30代には30代のスキンケアをする必要があります。30代の方がアイクリームを選ぶときに重要なのは、アンチエイジング効果があるもの+保湿です。

 

基本的に必要な成分はビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、コラーゲンの生成を促進する効果があります。さらに、ビタミンC誘導体は抗酸化作用が高いので、細胞の劣化を防いだり、紫外線から目元を守ってくれます。

 

また美白効果もあるので、目元のくすみにも効果を発揮してくれます。さらに、アイクリームで必要な成分はビタミンAレチノ―ルです。これは、細胞を増殖させて皮膚に厚みを持たせるという働きをしてくれます。

 

目元の皮膚というのは、体の中で一番といっていいほど薄いので、すぐにダメージを受けてしまいます。

 

でも、ビタミンAレチノ―ルの入ったアイクリームでケアすることで、目元の小ジワやたるみを防いでくれるのです。

 

 

目元の小ジワ・たるみはしっかりチェック!

30代になってくると、少しづつ目元の小ジワやたるみが気になり始めます。

 

人それぞれスキンケアの方法が違いますので、症状の出方も様々です。

 

・目の周りがくぼむ

・目じりが下がってくる

・目元に細かいシワができる

 

目元の小ジワ・たるみは、ちょっと鏡で見るぐらいでは気がつきません。毎日間近でチェックするように心がけましょう。

 

目元の小ジワ・たるみは、目元の衰えの初期症状です。これらに気づかないまま放っておくと、小ジワが深いしわになってしまいます。ひどい場合は、たるみの原因になってしまいます。そうなってからでは遅いのです。

 

見た目には、目元トラブルが分からないとしても、30代になったらアイクリームでしっかりケアを始めましょう。

 

 

 

まとめ

30代のアイクリームを選ぶ時にオススメの成分は、ビタミンC誘導体、ビタミンAレチノールにプラスして、細胞分裂を活性化して皮膚の衰えを防いでくれるプラセンタエキス入りのものがいいです。

 

さらに女性ホルモンに働きかけて、ターンオーバーを促進するイソフラボンが入っているアイクリームもオススメです。

 

 

おすすめアイクリームはこちら→

 

 

 

アイクリームの選び方