アイクリームの選び方 40代


40代になると見た目に差が出てきます。特に目元から気になりだします。

 

特に、目のくぼみや目の下のたるみ、まぶたのシワなど症状は様々ですが、目元の印象で40代前半なのに40代後半に見られる事もあるようです。

 

40代にピッタリなアイクリームとは

 

40代は、コラーゲンやエラスチンといった、ハリや弾力を保つ成分が急激に減少し始める年代です。毎日丁寧にスキンケアをしていても肌は衰えていき、見た目年齢はどうしても上がってしまうようです。

 

少しでも見た目を若く保つにはどうすればいいのか・・・

 

1番大切な事は、やはり保湿です。

 

それもほぼ1日中保湿ケアをする事です。それくらい、目元のケアには保湿が大切という事です。

 

しかし、仕事などしていれば1日中保湿ケアをするなんて、なかなか難しいと思います。ですが、少しでも見た目年齢が上がらないように、自分のできる範囲で目元の保湿ケアは念入りにできるように、努力しましょう。

 

40代はハリUP効果成分が入ったものを

40代の方がアイクリームを選ぶ時は、コラーゲンやエラスチンを増やす成分が配合されているかを必ずチェックしましょう。

 

その他にも効果的な美容成分は色々ありますが、シワやたるみを内側から改善できるのは、コラーゲンとエラスチンと言われています。

 

他の美容成分が入ったアイクリームを使用して、一時的に目元にハリが出たとしても、数時間すれば元に戻ってしまうことがほとんどです。

 

そのようにすぐハリのない目元に戻ってしまわないように、40代の目元ケアは肌の奥から底上げができる成分が入っている事が重要です。

 

そのために必要な成分がレチノールです。レチノールは、繊維芽細胞に働きかけて、コラーゲンやエラスチンなどのハリ弾力成分の生成を促進する効果があります。

 

40代になると肌の力が低下してしまいます。毎日の食事やサプリメントなどで美肌に働きかける成分を摂取しても、その働きを思う存分に活かすことができないのです。

 

なので直接コラーゲンやエラスチンの生成をサポートしてくれる、レチノールを補給するのが一番効果的です。

 

しかし、レチノールは刺激が強い為乾燥を起こしてしまうので注意が必要です。表皮の保湿力を高めてくれる、セラミドやEGFなどの保湿効果が高い成分も一緒に配合されているアイクリームがオススメです。

 

 

おすすめアイクリームはこちら→

 

 

 

アイクリームの選び方