アイクリームの選び方 50代


50代のアイクリーム選び

 

50代になると、目元に小ジワやたるみが増えても仕方がない!そんなふうに諦めている人は、たくさんいると思います。

 

50代にもなると、肌のバリア機能が低下するので、若い頃と比べると少しのダメージでも大きなダメージを受けて、肌細胞を傷つけてしまうのは事実です。さらに、保湿成分も減少して、ターンオーバーのサイクルがおかしくなって、肌自信の回復力も衰えてしまいます。

 

その結果シミやたるみが増えて、改善するのが大変な状態になってしまいます。

 

アイクリームを使用することで、20代のようなハリのある目元にするのは難しいですが、50代の目元をそのままにしていれば悪化するだけです。ちゃんとアイクリームでお手入れしていけば、効果は必ず実感できるはずです。

 

50代には50代に合ったアイクリームで、目元のケアをしていきましょう。

 

 

50代はハリUP効果成分が入ったものを

50代の肌に1番必要な成分は、バリア機能を正常にしてくれるセラミドです。

 

セラミドとは角質層にある細胞間脂質の1つです。このセラミドが、細胞の間でブロックとブロックの隙間を埋めるセメントのような役割をしてくれているのです。

 

セラミドできっちり細胞間の隙間を埋めていれば、肌内部の水分もしっかり蓄えられます。さらに、外部の刺激からもきちんと肌を守ってくれます。

 

セラミドは保湿機能をよくしてくれるので、肌のターンオーバーサイクルの回復にも効果を発揮します。すると、新しい肌細胞と古い角質が入れ替わってくれるので、シワ・たるみの解消につながります。

 

それにプラスして、

 

・コラーゲン・エラスチンの生成をサポートするレチノール

・表皮の再生を促進する上皮成長因子のEGF

・損傷した細胞を回復させる繊維芽細胞増殖因子のFGF

 

これらの成分が配合されている、アイクリームを選びましょう。

 

 

 

低刺激なアイクリームを

成分の種類が多い・含有量が多いからといって、そんなアイクリームがいいとは限りません。

 

目元はとてもデリケートです。毎日使っても、肌に負担のかからないアイクリームを選ぶ事が重要です。

 

50代の目元のシワ・たるみの原因は、乾燥が原因ではありません。バリヤ機能の低下・ハリ弾力成分の減少が原因といわれています。

 

ですので、これらの原因に合わせた成分が配合されているかを、まず第一に考えて選ぶようにしましょう。

 

 

おすすめアイクリームはこちら→

 

 

 

アイクリームの選び方