下まぶたのたるみ


下まぶたのたるみは、なかなか取れませんし、これがあるだけで実際の年齢より老けてみられます。下まぶたのたるみで、悩んでいる方はたくさんいるようです。

 

それでは、下まぶたができてしまう原因と、改善方法をこれからお話していきます。

 

下まぶたのたるみができる原因

 

 

1.老化

下まぶたのたるみの一番の原因は、老化だと言われています。お肌にもともとあるヒアルロン酸やコラーゲンなどの、水分を保持してくれている物質が、年齢と共に減少することによって、お肌にハリがなくなっていきます。

 

下まぶたの皮膚も同じように、これらの物質が減少して、弾力やハリがなくなってきて、たるんでしまうのです。

 

さらに、年をとると目の周囲の筋肉が衰えていき、脂肪が溜まって皮膚が下がってしまいます。ですので、下まぶたにたるみができてしまうのです。特に目のまわりというのは、皮膚が薄くデリケートなので、たるみが目立ちやすいとも言われています。

 

2.眼窩脂肪

下まぶたのたるみの原因は、老化だけではありません。目の下の脂肪のことを眼窩脂肪(がんかしぼう)とい言うのですが、歳をとると段々前に飛び出すようにふくらんできます。これが原因で、下まぶたの皮膚がたるんでしまう事もあるようです。

 

またこの眼窩脂肪が影になってしまい、クマのように見えてしまうこともあります。下まぶたがたるんでしまい、それにプラスしてクマまであると、顔全体がドヨ~ンと暗い印象になってしまいます。

 

また、仕事やプライベートで毎日スマートフォン・パソコンの画面を長時間見ている人も多いと思いますが、そんな人は要注意です。

 

長時間画面を見ていると、まばたきの回数が減ってしまい、目のまわりの筋肉が衰えやすいのです。これが原因で、下まぶたのたるみが起きている場合もあるようです。

 

下まぶたのたるみ改善方法

下まぶたのたるみを改善する方法は、3つあります。

 

1.目元の肌のハリ回復

2.たまった老廃物を流す

3.目元の筋力を鍛える

 

1.2番は、お風呂上りなどに蒸しタオルで、目元を温めて血行をよくしたり、目元専用アイクリームを塗って、目元を優しくマッサージすると効果的です。

 

3番は、フェイスヨガなどを取り入れて、目の周りの筋力を鍛えていきましょう。

 

目の周りは肌がとても薄くデリケートです。しかも、美容成分がなかなか浸透してくれないという、とても複雑な性質を持っています。なので、目元専用のアイクリームを使用することが、下まぶたのたるみを改善するには、とても重要になってきます。

 

下まぶたのたるみ手術は最終手段!

 

 

どうしても下まぶたのたるみが改善されない、どうすればいいのだろう・・・

 

そんな時、整形手術を考える人もいるかと思います。確かに手術をすれば、下まぶたのたるみは改善する事ができるのです。しかし整形手術のように、メスで目元を切り開いたりする事はリスクが大きく、失敗する可能性も考えられます。

 

さらに、レーザー美顔器で施術する方法・ヒアルロン酸注射やボトックス注射など、ハリを回復させる成分の注射も、下まぶたのたるみの改善には効果的です。しかしこちらも、ヒアルロン酸やボトックスなどの注射は、即効性がありますが、定期的に注射を打ち続けていかなければなりません。

 

当然お金がかかってきますし、失敗して内出血してしまうという場合もあるようです。

 

できる限り、自分でできる改善方法で頑張ってみましょう。整形手術や注射などは、最終手段として考えておくようにしましょう。

 

 

 

 

 

目元の悩み症状別